PERSONALTRAINER 時岡航大

理想体型のその先に夢をかなえるトレーナーBLOG。

【半年ぶりのはてなブログ。】

 

 

こんにちは🌞

久しぶりに個人ブログを再スタート

パーソナルトレーナーの時岡航大です🤨

 

 

 

最近、なにしているの??

 

と言いますと、、、、

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917223144j:image

 

 

自分の選んだ山を

ひたすら登っています🤨

 

 

 

 

 

 

 

登山の最中は

いろんなことがありました。

 

 

 

 

 

自分でも

思ってもいなかったトラブルに

巻き込まれたり

 

 

 

 

 

自分のチカラ不足を

肌で感じたり

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917225434j:image

 

 

 

 

 

 

 

でも、これらすべても

自分の成長のため‼️‼️‼️

 

 

 

必要なスパイスだと。

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917225354j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

私は日々をいかに楽しむかを

極めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917230049j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で私は

自分の人生をブログに書いてみようと思い

 

 

 

ちょくちょく

このブログに更新していこうかなと

 

思います😌

 

 

 

 

ちょくちょくとは

 

 

 

〝気まぐれ〟です🚩

 

 

 

 

ですが、この文章を

 

 

『 なぜか、楽しみにしてしまう 』

 

そんなものにできたらなと思っています☺️

 

 

 

 

 

これは私がなぜ

 

◾️今の山を登ろうと思ったのか◾️

 

それまでのストーリーを

書いていきます。

 

 

 

これは

私が出会う人たちへの

 

名刺がわりとして

理解していただくためでもあり

 

 

 

自分のためでもあります。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917225859j:image

 

 

 

 

 

 

 

どこかの誰かの楽しみになれば幸いです。

 

 

 

 

 

いつものブログとは違い

物語形式になっていますが

 

 

 

 

すべてありのままです。

 

 

 

 

 

 

 

では、最後までどうぞ🎉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

 

 

 

 

 

明日はまだかと

夜空の雲が活発に動いている深夜の時間。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917230224j:image

 

 

 

 

今、私は、

非常に難しい場面に局面している。

 

 

 

 


目の前には友人が座っており

ある意味で熱い眼差しで私を見つめ

 

 

 

そして斜め下にうつむいた。

 

 

 

 

 

 

そして長々しく

〝理由〟をいくつか述べて

私に報告をしてきたのであった。

 

 

 

 

 

 

 


彼は今日をもって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を諦めるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな彼は、一緒に歩んできた私に向かって

諦める理由、いや違う。

 


〝やらない理由〟を話しているのだ。

 

 

 

 

 

 

それを聴きながら私は

『これは自分を止めてくれ!ってことか??』と

 


彼の真意に込められた思いを把握できず

困惑していた。

 

 

 

 

 

 

そして、彼は

〝理由〟の最後に一言

 


「すまん!!」。

 

 

 

 

 

 

 


ここが私の最終判断のタイミングだ。

 

 

 

思ったより早く

このときが来てしまったなと思いながらも

 

 

 

①彼を引き止める。

②彼の決意を尊重する。

 


の2択を選ばなくてはいけない。

このタイミングで。

 

 

 

 

 

 

そして、私はこの数秒の間で①を選び

 

 

 

 

 

 

彼に対して熱く

〝諦めない理由〟についてを話した。

 

 

 

 

 

 

 


そして数分後。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917230332j:image

 

 

 

 

 

 


彼は夢を諦めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてこった。

 

 

 

 

私は絶望感に浸りながら

彼と一緒に夢を追いかけた部屋の

冷たいフローリングの上で

 

 

 

 

 

 

 


体操座りをしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私の想いは叶わなかったのだ。

そして、2択の選択も普通に間違えた。

 

 

 

 

 

 

彼にとっても今、

どんな心境かは分からないが

とりあえず決意したことにより

 

 

 

私よりは軽い気持ちなんじゃないかなと思う。

ここ数日は、彼も悩んでいたようだから。

 

 

 

 


でも、そんな彼と私の追いかけてきた夢は

 


『1人でも多くの人が、夢を持つ世界にするぞ』

 


という想いのもとに

必死に活動してきたわけだから笑える。

 


〝1人でも多く〟どころか

〝1人、夢が少なくなってるやんけ〟と。

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917230413j:image

 

 


そんなこともあって

私は今、絶望感を感じて

ボーっとしている。

 

 

 

 

 

 

彼に影響を与えれなかった惨めさと

私たちの想いの叶わなさに。

 

 

 

 

 

 

 


そりゃあそうだ。

 

 

 

だってまだ私自身が

夢を叶えたわけではないのだから。

 

 

 

 


夢を叶えたことがない人に

夢の大切さを語られても

あまり説得力がないようが気がする。

 

 

 

それはまるで

 

 

 

 


小さなネズミ君が

「動物仲間なんだからさ、やっぱり小動物とかを食べたら駄目だと思うよ!特にネズミとかさ。」

 

 

 

と語るのと

 

 

 

百獣の王ライオン君が

「みんな、弱いものイジメは駄目だ。彼らにも敬意を払って大切にしていこうぜ。」

 

 

 

と語るのとわけが違う。

 

 

 

 


私は今、ネズミ君なのだ。

いくら正義を振りかざし

人生においての大切なポイントを伝えたとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しょせん私は、ネズミ君の主張なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917230657j:image

 

 

 

 

 

 

 

そして私の

いや、世の中にとっての朝は明け

 


また新しい1日が始まったのだが

 

 

 

彼と私は

深夜まで話し込んだということもあり

朝には眠りについていた。

 

 

 

 

 

 

どちらかといえば

もう昼ですよ。という時間に

私は起きて

 

 

 

遅めの出勤の身支度をし始めたのだが

 

 

 

この仕事に対するモチベーションは

もう昨日とは違う。

 

 

 

 


昨日までは

同じ目的を持った仲間のために

私は働きに行っているんだ。

 


そんな格好良さがあったが

 

 

 

 


今日の私は

自分の明日のご飯。

来月の家賃。

未来の自分。

 

 

 

 


そのために働きにいく。

 

 

 

 

 

 

 


同居してまで追いかけた

友人との夢は、昨晩で枯れ果てて

 

 

 

 

 

 

 


隣の部屋で

友人は起きているのか起きていないのか。

 


物音のしない部屋は

夢の終わりを物語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから1カ月間の私たちというと

 


金銭的な問題から

夢とか、目標とか、

そんなことは関係なく

1カ月間は同居を続けなくてはいけなくて

 

 

 

友人は居心地が悪いらしく、

知人の家で寝泊まりをして身を隠していた。

 

 

 

私はというと

仕事に没頭していた。

 


仕事でなにもかも忘れる作戦だった。

 

 

 

仕事仲間には

なにも悟られまいと働き

 

 

 

 


帰ったら

缶ビールを飲んで

 

 

 

俺は幸せだと感じていた。

 

 

 

 

 

 

そんな日が続き

友人とのお別れの日を迎え

 

 

 

同居場所に残る側の私は

無理矢理な笑顔と共に

お別れの挨拶をして

 

 

 

 


彼を平然としたそぶりで見送った。

 

 

 

 


まさにBAD LUCK。

幸運をあまり望んでいないお別れだった。

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20180917224054j:image

 

 

 

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

これからも個人的なブログを

更新していきますので

 

ぜひ、お付き合いください😌

 

 

 

 

 

 

本を出版する30歳までは

ブログを書いていきます🤨🚩

 

 

◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️

【 名古屋栄にありますストレッチ専門店 】

https://grit-ss.com

◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️◾️