PERSONALTRAINER 時岡航大

理想体型のその先に夢をかなえるトレーナーBLOG。

【印象を打開しよう。】

 

おはようございます!

第一印象は「いい人そう」

Personal trainerの時岡航大です。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170411231459j:image

 

 

 

 

 

 

 

先ほどある記事を見ました。

 

 

 

 

「ブログでは。ではなく、を多く使おう!」

 

ピリオド「.」は読者に “ストップ” という印象を与えてしまうそうです。そこで導入文では文法を無視してカンマ「,」を使おう、とのこと。日本語であれば句点「。」ではなく、読点「、」を使おうということです。

 

 

 

という内容。

 

 

 

 

 

 

 

 

「私やないかーい!」

 

 

 

 

 

もうこの時点で、「。」が3個‼︎

開始早々でハットトリックです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170409084319j:image

 

 

 

 

 

「。のストップ印象説」を知りながらも

私はこのまま突き進んでいきたいと思います!

 

 

負けません!

 

 

私はこのやり方でいままで来たんだ!

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170409083615j:image

 

 

 

 

 

 

 

ですが、印象とはコワイものです。

人からどう思われているかなんて

なかなか分からないですし

とんでもないイメージを持たれていることだってありえます。

 

 

 

 

 

自分が思っているジブンの印象と

他人が思っているジブンの印象は

もしかしたら大きく違うかもしれません。

 

 

 

 

 

人は「自己理解」と「他者からの理解 」が合わさって自分が形成されていると聞きます。

 

 

 

 

自分はこういう人だ!という「自己理解」。

あの人ってこういう人だよね!という

「他者からの理解」。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170411231601j:image

 

 

 

 

 

 

自分からの目線である「自己理解」だけで行動したら、時にはトラブルになってしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

ドン引きもありえます。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170412075455j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので時には

「私ってどういう性格?」とか

聞いてみるといいかもしれません!

 

 

 

 

 

親友や職場の仲間に。

 

 

 

 

 

自分をよく知ってるであろう人に。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170410095013j:image

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つ

「他者からの理解」は変えることはできません

それは自分の行動のフィードバックにすぎないからです。

 

 

変えれるのは自分側。

自分が持っているジブンへの印象。

それを変えて、ようやく相手からの印象も

変わる可能性が出てきます。

 

 

 

 

 

 

自分ではそうは思っていなくても

相手からは

「この人、話しかけづらいな」

と思われている人。

 

 

 

 

本人がどう思っていようとそれは

「話しかけづらい人」なんです。

 

 

 

 

 

 

 

なのでまずは相手の目をチラッと見て

ニコッと微笑んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

そして相手の反応を見てみましょう。 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170409084720j:image

 

 

 

いつもと違う反応を楽しみましょう!

 

 

 

 

〈自分ってどういうイメージか聞いてみる。〉