読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PERSONALTRAINER 時岡航大

ラフに深く読めるブログ。

【価値のある過去はある。】

 

おはようございます。

2015年の一年間

「Discover new HEROES!!」という

コラムブログを書いていた

personal trainerの時岡航大です。

 

お世話になっているこのブログサイトとは違う場所で作ったためURLの貼り付けはしませんが

 

 

そこには多くの友人に協力をいただき

 

「若者も野望や夢を持って社会で活動しているんだ!」という記事がいくつも集まっています。

 

 

 

ご本人に書いていただいた記事を

修正なしでそのままブログに載せています。

 

 

 

 

 

 

これを作った時、

自分の所に多くの人からメッセージが来て

 

「これ見ると自分も頑張らないと!と思う。」

「自分も愚痴ばかりじゃなく夢を持たなな。」

「なんか自分もやる気が湧いてくるよ。」

 

といった意見をいただきました。

 

 

 

 

 

 

人はエネルギッシュでポジティブなものを見ると、そこからエネルギーをもらえるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170406172503j:image

 

 

 

 

 

 

その記事から

私が一番気に入っている記事を

ご本人の許可を得て

今日はみなさんにシェアしようと思います。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【友人 Nさんの記事】

 

現在は愛知県にある
ホテルのフレンチレストランで
サービススタッフをしています

 

 


皆さん食べることは好きですか?

わたしはだい好きです!


わたしは「食」で世界を
変えられると思っています


拳銃が人を殺すわけではなくて

拳銃を持った人が人を殺す


同じように


食が世界を変えるのではなく
その食に出会って変わった人が
世界を変える


わたしが尊敬する人の
言葉を食に置き換えてみました


外食産業において
いくらおいしい料理や
素敵なサービスがあっても
ゲストがいないことには
何も始まりません


わたしは世界を変える人と
料理の架け橋になりたくて、
ゲストの笑顔が見たくて
現職に就いています


新作は必ずチェックする
コーヒーチェーンがあります。
よく行くので顔も覚えてもらい、
おすすめのカスタマイズを教えて
もらったり会話を楽しんだり、、
いつもわたしを癒し、
明日への元気をくれます


ただ食べるだけでなく
そこにいる人に会いたくなる


わたしはそんなサービス
スタッフになるのが夢です


皆さんも1件でも
いいのでその人に会いたくて
行く飲食店を見つけて下さい!


もっと素敵な世界が
待ってますよ(^ν^)


ここまで読んで下さり
ありがとうございました♩

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

どうですか?

シンプルですが

とても暖かい気持ちになります。

 

 

応援したくなります。

 

 

 

 

 

 

ふざけた画像をよく載せる

私の記事と全然違います。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170406235700j:image

 

 

 

 

 

 

 

「食」で世界を変える。

 

 

 

凄く大きなことですが

ひとりひとりがこの気持ちで働けば

変わるものです。

実際に「食」で

ポジティブな環境に生まれ変わった場所は

世界中にいっぱいあると思います。

 

 

それを自分の夢としている。

カッコいいです。

 

 

 

 

 

 

 

夢を持つと

「今」が変わりますよね。

 

 

 

 

働く理由、頑張る理由、楽しむ理由ができると人は強いです。

 

 

 

 

 

意外に探せば

周りにも野望や夢を持った人がいるかもしれません。

 

 

 

そういう人に影響されちゃって

なにか夢を持つのもいいかもしれません。

 

 

 

 

そして今回のブログで残したかったこと。

 

それはこの「Discover new HEROES!!」のように、自分がその時に思ったこと、感じたこと、そして夢を書き残しておくと

 

 

 

あとあと

なにかあった時に立ち返れて

それが一番のエネルギーになるということ。

 

 

 

過去の自分

 

 

 

「意外にすげーヤツだった。」

と思うかもしれません。

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170407010056j:image

 

 

〈その時の夢を書き残しておく。〉