読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PERSONALTRAINER 時岡航大

ラフに深く読めるブログ。

【なにかに没頭していますか。】

 

おはようございます。

英語を勉強する前に「英語をいかに楽しく勉強できるかの方法」に時間を費やしているpersonal trainerの時岡航大です。

 

 

 

 

私は小さい頃から

「実際にやっていること」の途中で

「なにか感じたこと」があると

そっちに引っ張られて

結局まったく違うことをやっているということがよくあります。

 

 

 

いい意味で、「わからないこと」「興味が湧いたこと」をそのままにしないクセがあると言えますが、

 

 

 

 

 

全体的に考えると最初に目指したゴールにたどり着くのが遅いんです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402170017j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

なので幼い頃から基本のろまで

マイペースでした。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402170155j:image

 

 

 

 

 

 

 

 幼稚園児の頃

お昼ごはんのあとに昼寝タイムがあったのですが、みんなが寝た頃にもまだ私は食事をとっており、みんなが起きて活動する時に、私は寝ようとする。ということがよくあり、ついていけなくて疲れた覚えがあります。

 

 

 

 

 

 

人にはそれぞれのペースがありますよね。

今となってはだいぶペースがついてこれるようになり、むしろ自分の方が早いときもあるぐらいです。

 

 

 

 

 

遅いのも早いのも「マイペース」です。

 

 

 

 

 

 

そんなマイペースな私にも

「時間を忘れるぐらい没頭したもの」

があります。

 

 

 

 

 

まず放課後

必ず友達を集めてやっていたサッカー。

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170403094218j:image

 

 

 

 

 

 

 

自分たちの秘密基地づくり。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170403094254j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーロー遊びに

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170403094401j:image

 

 

 

 

 

 

 

ピンポンダッシュなどです。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170403094511j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼い頃はいろんなものに

 時間を忘れるぐらい没頭したものです。

 

 

 

あの時間は「完全集中状態」で時が流れて

記憶の中ではスローモーションで覚えているぐらいです。

 

 

脳科学としては

「フロー状態」と言うみたいです。

 

 

 

 

あの時間に起きる出来事や学びは

スッと心と頭に入り込み

今でも忘れることはできない

「気づき」となっています。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170403094928j:image

 

 

 

 

 

あの感覚。

 

今、仕事やプライベートであるだろうか。

 

 

 

 

 

あの刺激的な状態で

なにかに没頭できているのだろうか。

 

 

 

 

 

逆に没頭できたら

その業界、その仕事の

最強になれると思います。

 

 

 

 

 

あのサッカーや秘密基地を作っていた時のように、自分も仲間もフロー状態にできたら。

 

 

 

 

その場の環境がガラリと変わるはずです。

 

 

 

 

 

今後はいろんな体験をもとに

「没頭する時の条件」を紐解いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

そしていつの日か

「没頭する時の条件」的なタイトルで

本を書きたいと思います。

もちろん没頭しながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、買ってください。

2、3冊。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170403100026j:image

 

 

 

いつもツッコミありがとうございます。

 

 

 

〈昔、没頭したものをあげてみる。〉