読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PERSONALTRAINER 時岡航大

ラフに深く読めるブログ。

【ナルシな自分にナルシであれ。】

 

おはようございます。

半年間、1時間歩いて

仕事場に出勤していたことにより今は歩くことをなんとも思わないpersonal trainerの時岡航大です。

 

 

 

 

知らない間に4月になってしまいましたよ!

新しいシーズン

新しい道のりの幕開けです!

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402113715j:image

 

 

 

 

 

私は愛知県、岐阜県で活動しているのですが

フィットネス業界は全体的にやはり

春から夏にかけてが一番盛り上がり

冬に近づくにつれて落ち着くという傾向があるみたいで、、

 

 

 

男性も女性も

「薄着のファッションになる時は素敵なカラダでいないと!」

という熱い想いが伝わります。

 

 

 

 

やはり目立ちますもんね。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402114409j:image

 

 

 

 

 

 

そこでひとつ、パーソナルトレーナーとしてお願いがあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月に痩せたいの

7月に

「あの〜今年の夏はガツンといきたくて」と

トレーニングライフをスタートさせる方。

 

 

 

 

 

 

少し遅いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即時即効‼︎

1ヶ月で何キロ減‼︎

 

 

 

 

 

とかいろいろ世の中にはありますが

 

 

 

 

 

 

 

普通に5月あたりから始めていただけた方が

私は嬉しいですし、

むしろこの4月から始めていただいた方が

自信満々で

「今年はガツンといきましょう!」

「モテモテの夏でいきましょう!」

と一緒に素直に盛り上がれます。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402115241j:image

 

 

 

 

 

7月から頑張って

8月にはモテモテに。

 

 

 

 

 

「世の中、そんなに甘くありません。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「無理ですよ‼︎」と言っているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

「4月、5月からがオススメですよ!

ということです。

 

 

 

 

 

7月から始められて

目をキラキラさせて

「私、8月に水着着るんで!痩せたいんで!」

とやってきていただいた方に私は

「確実に水着の似合うピチピチなスタイルにしましょう!」

と自信を持って握手できないです。

 

 

 

心の中では

「あと3、4週間で戻れたらみんな苦労してないよ。

というかフィットネスジムが潰れちゃうわ!」と。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402120352j:image

 

 

 

 

なので準備は早めに。

この4月、5月でお待ちしています。

 

 

7月から始める方。

相当な覚悟を背負って来てください。

お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402120752j:image

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルの「ナルシ」って

「ナルシスト」の略です。

 

 

「ナルシスト」ってマイナスなイメージで使われることの方が多いですよね。

 

 

 

でも、

「自分を信じるチカラ。」

「自尊心の高い。」=「ナルシスト」

とも感じとれると私は思います。

 

 

 

 

 

トレーニングを愛する人

基本的にこれが高いです。

 

 

 

 

 

「自分が好きだ。大好きだ‼︎」

 

 

 

 

 

これが奥底にないと

自分に「時間」や「お金」を

かけれません。

 

 

 

 

 

そしてある人が言っていました。

 

 

 

「本当に自己愛が強い人は、最終的にはそれが他者愛に変わり、人を大切にできるようになるんだ。」と。

 

 

 

 

 

 

なんて素敵なんでしょう。

 

 

なぜ自己愛が他者愛に変わるのかは

またいつかのブログで。

 

 

 

 

そんな

「自分への自信を高め自分を大切にし、そして最後には他者愛を生む作業」

 

 

 

それがトレーニングなんです。

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170402122100j:image

 

 

 

〈鏡を見てトレーニングをしてみる。〉