読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PERSONALTRAINER 時岡航大

ラフに深く読めるブログ。

【イケメンなアドバイス。】

 

おはようございます。

今年は字を綺麗に、かつ正確に書くことを目標に掲げるpersonal trainerの時岡です。

 

 

 

 

気づいたらこのブログ

熱い内容ばかりになり

普段はもっとラフに生活しているのに

なんか違うなーと感じている今日この頃。

personal trainerじゃなく

personal dreamerになっちゃいそうです。

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170331104324j:image

 

 

 

 

 

ですが、これもラフに書いた結果。

オッケーとしましょう!!

 

 

 

 

 

 

そんなpersonal dreamer時岡航大は

一時期、いろんな方の講演会に行っていた時期があります。

 

 

 

海外では自発的に個人個人が、ボランティアをしたり、講演会や勉強会に出向き学びを得る人が多いと聞き、それに憧れました。

 

 

 

 

 

アスリートや経営者、心理学者や芸能人など

いろんな分野で活躍している方の話を聞いて

 

 

 

今となっては

「私が第一人者ですよ?」並みに

完全にパクリ、

自分のモノとしてしまっているものが

いくつもあります。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170331105221j:image

 

 

 

 

 

 

その中で今日紹介したいのが!

 

 

 

 

 

「だったらこうしてみたら??」のチカラ‼︎

 

です。 

 

 

 

 

 

 

確かこれは、

日本でロケットの開発をしている…

 

 

 

いや!私があみだした技です!

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170331105519j:image

 

 

 

 

 

周りの人がなにか報告や相談をしてくれた時

 

「これがこうなってしまって…」

「ここにつまずいてしまって…」と。

 

 

その時、

心の狭くなっているときは

「なんでそんなミスすんねん!」

「どーしたらそんなことなんねん!」

と怒ってしまう時、ありますよね。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170331110220j:image

 

 

 

 

 

 タイミングが悪かったり

自分もなにかに取り組んでいると

時に人は雑になります。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つのパターン。

 

会議を行っていると

「問題点」「改善すべき点」ばかりが

どんどん出て、

シーン…となる。

 

といった状況。

そりゃあ出るよという「問題点」ばかりが

山積みにされる。

これで会議が止まってしまう。

 

 

 

 

 

 

そんな時‼︎

「だったらこうしてみたら?」

「こうしてみるのはどうですか?」と

 

 

「改善策」を出す方に

チカラを注ぎ、頭をまわす。

 

 

すぐに改善策に頭をまわすクセを作るということです‼︎

 

 

 

会議や仕事で「なぜできないのか」で

止まってしまう前に

 

 

「こうするのはどうかな?」とパッと!

 

 

 

 

 

 

 

これこそ、イケメンなアドバイス

イケメンな働き方‼︎

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170331151224j:image

 

 

 

 

 

 

 

たとえまだアイデアが出ていなくても

 

「あ〜と、それは〜じゃあ〜」と

時間を稼ぎます。

 

 

 

 

そして鶴の一声。

 

 

 

 

 

「だったらこうしてみたら?」と。

 

 

 

 

 f:id:kodai-tokioka1014:20170331111734j:image

 

 

 

この言葉だけで

社内環境、チーム環境、人との関係が

みるみると変わるかもしれません。

 

 

 

 〈もはや解決案しか言わない。〉