PERSONALTRAINER 時岡航大

理想体型のその先に夢をかなえるトレーナーBLOG。

【品格のすすめ。】

 

おはようございます。

ジェントルマンになるために歳を重ねている

personal trainerの時岡航大です。

 

 

 

 

 

よく駅でもお店でもトレーニング施設でも

海外から来られた外国人の方を見かけます。

 

 

 

顔も整い、身長も高く

なにより行動が「ジェントルマン」‼︎

 

 

 

 

日本人は礼儀正しく優しいと言われますが

外国人の男性はカッコよく、紳士に見えます。

 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170327082235j:image 

 

 

 

 

 ですがこの

「紳士」や「品格」といったものは

いろんな価値観を持った人がいるこの世界では、いろいろと大変です。

 

 

 

例えば、電車の中で席を譲ろうとします。

パッと見では「なんて紳士的なんだ」という

行動です。

 

 

 

 

しかし、人によっては

それがお節介であったり無礼にあたったり。

 

 

 

杖を持ったおじいさんが乗車して

自分の目の前に立っている。

「代わるべきか」と感じた瞬間

おじいさんは杖を軸に

軽いスクワットを始める。

「あ。このおじいさんは運動のためにあえて立ち姿勢で電車に乗っていらっしゃ…」

 

そう思った瞬間に隣の席の男性が席を譲り

おじいさんは

「ありがとうな。あんた、さすがやわ」という表情で自分の隣に座る。

 

 

その後の20分。自分は、

いたたまれない気持ちで

おじいさんの隣に座り続ける。

集中できない本を片手に、、。

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170327081328j:image

 

 

 

 

 

 

難しいですよね。

紳士になるのは。

 

この場合、私は変なことを考えずに

サッと席を代わるのが「ジェントルマン」だったのかもしれません。

 

 

 

外国人の方は教育の時から周りの大人に

お母さんを大切にする。

女性を大切にする。

お年寄りの方を大切にする。

などをしっかり教えられて

いろんな経験を積んできているんだと思います。

 

 

 f:id:kodai-tokioka1014:20170327082251j:image

 

 

 

少し出遅れていますが

日本にもこういうジェントルマン教育を文化にしていきたいですね。

 

侍の時代や明治時代にはありましたが

 

最近は薄れてきているように思います。

 

 

 

 

 

そのために一番手っ取り早いのは

 

「まずは大人がやること。」

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170327082918j:image

 

 

 

 

 子供がそれを見て、

「なんか今、お兄さんかっこ良かったぞ」と

少しでもジェントルマンな影響を感じてくれるのが一番です。

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170327083221j:image

 

 

 

 

 

まずは大人がひとりひとり

その場その時で一番ジェントルマンな姿を考え、振る舞う。

 

 

 

すると10年後、20年後には

「ジェントルマンな日本」になっているはずです。

 

 

 

 

 

ももっともっと

ジェントルマンになるために

ベストな紳士的な行動をしていきたいと

思います。 

 

 

 

 

f:id:kodai-tokioka1014:20170327083941j:image

 

 

 

〈地下鉄のイスには最初から座らない。〉